ディスプレイデバイス

Display Device

入力機器に表示機は不可欠なディスプレイデバイス(LCD)。弊社では標準品として様々なタイプのディスプレイデバイスをご用意しているのに加え、お客様の仕様に合わせたカスタム対応も行っております。仕様によっては1個からのご注文にも対応しております。

また、弊社では海外メーカーとのタイアップ製品もあり、ご要望に応じて20年近いキャリアを持つ液晶専任担当による最適なご提案を行っております。

弊社のキーボード、メンブレンスイッチと組み合わせることにより組込みユニット製品から、完成品製作まで、操作パネル部をトータルで設計から製造まで、社内一貫体制でサポート致します。

製品納品までの流れ

Flow

長野テクトロンは、開発・設計・製造・検査にいたる全てのプロセスを自社で行っています。さまざまなニーズにお応えできる体制を整えています。

社内一貫体制 - 設計

設計

お客様からいただいた図面やデータを元に版下(製版用の原稿)を作ります。

社内一貫体制 - 印刷

印刷

表面シートの印刷には2種類あり、シルクスクリーン印刷とインクジェットプリンタがあります。

社内一貫体制 - 加工

加工

型抜きするときにずれないように、ガイド穴開け、エンボスをかける場合はエンボス加工を施します。
部品実装は LED、抵抗などのチップ部品をメンブレンシートに実装します。又、外形抜きは、それぞれの部材をトムソン型(びく型)で抜きます。数が多い時や、精度が必要な時など場合によっては本金型を使うこともあります。

社内一貫体制 - 組立検査

組立検査

各部材を貼り合せて製品を完成させます。効率や仕上がりを良くするために、何枚か貼り合せた後、まとめて抜く方法をとることもあります。

社内一貫体制 - 品質検査

品質検査

細かい検査項目による徹底した品質管理を行い、お客様に安心、安全な製品をお届けしています。

社内一貫体制 - 出荷

出荷

完成した製品を梱包し、出荷作業まで行います。無事にお客様の手に安全にお届けできますよう、最後まで丁寧に作業します。

なるほどディスプレイ
よくある質問形式で回答します。

製品のお問い合わせやお見積りのご依頼は、
以下のフォームからも承ります。