トップページ >> 会社概要 >> 沿革

沿革

1984年 長野市篠ノ井塩崎に、長野テクトロン株式会社を設立。
1987年 表面シートの製造、プリント基板のパターン設計を開始。
1989年 メンブレンスイッチの製造、プリント基板への実装を開始。
1991年 パソコン用キーボードの製造を開始。
1994年 各種キーボードのカスタム製造を開始。
1996年 メンブレンシートへのチップ部品の実装を開始。多品種小ロット生産体制に移行。
1997年 RS232C、DOSV対応の標準インターフェースボードの開発、受注を開始。
1999年 3D_CAD、作画機の導入により社内一貫生産体制を強化。
2003年 水泳用『トレーニングタイマー』の開発、販売を開始。
2006年 ISO9001を認証取得。
2006年 プログラマブルキーボード(お気に入りキーボードシリーズ)の開発、販売を開始。
2007年 東京営業所を開設。
ホテルおすすめ周辺ぐるめ案内システム『ホテぐる』の運営を開始。
2008年 耐油メンブレンの製造、販売を開始。
2010年 医療従事者のためのCPR補助器具『ハンズオンリータイマー』の販売を開始。
照光キーボードの量産販売を開始。
2012年 タッチパネルPC・周辺機器の販売を開始。
2013年 96キータイプのプログラマブルキーボードの開発、販売を開始。
2015年 48キータイプのプログラマブルキーボードの開発、販売を開始。
可視光通信を利用したスマートフォン向け受送信システムを開発。
2016年 静電タッチセンサーの開発。
薄型7セグメントLEDの開発。
Bluetoothキーボードの開発。
2017年 飲食店向け多言語対応メニューシステム『ホテぐるMENU』の運営を開始。
2018年 デバイスディスプレイの販売を開始。

このページの上部へ このページの上部へ